会社案内

ごあいさつ

下関で割烹料理店として創業してから60年
ふぐ料理を届けて35年

数ある店舗の中から、当店にご来店いただきまして誠にありがとうございます。ふく太郎は創業60周年を迎えました。これもひとえに皆様のお陰です。心より厚く御礼申し上げます。

振り返りますと、昭和33年に下関の割烹料理店を祖父が創業した年は、関門トンネルの開通。東京タワーが完成し、日本経済が本格的に復興し始めた時代です。また昭和58年に父が日本初ふく料理宅配専門店を始めた年は東京ディズニーランドが開業。任天堂ファミリーコンピュータ発売など日本の娯楽が大きく変わった時代です。

現在はふく太郎を取り巻く環境が一変してきましたが、全従業員が一丸となって日本初のフグHACCP取得から、今後もお客様に喜んでいただく美味しいふく料理をお届けするよう努力を続けてまいります。

是非とも引き続きふく太郎グループへのご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いしたします。

感謝。

代表取締役社長 古川 幸弘

代表取締役社長
古川 幸弘

会社概要

商号有限会社ふく太郎本部
代表者代表取締役社長 古川 幸弘
設立昭和33年11月
資本金1,500万円
従業員42名
TEL093-341-2951
FAX093-341-1333
本社所在地〒801-0802
福岡県北九州市門司区白野江1丁目21-24
本社外観

沿革

昭和33年11月山口県下関市にて一休(割烹料理店)設立
昭和58年11月全国に先駆けて“ふぐ料理宅配専門店”開始
昭和59年11月有限会社ふく太郎本部に改称(ふぐ料理の宅配及びふぐ加工を目的とする)
昭和61年11月朝日新聞西部本社によるふぐ料理通販を開始
平成元年4月工場と本社との一元化のため本社機能を門司支店(工場)に移行
平成13年3月熊本県天草市でトラフグ委託養殖場の契約開始
平成14年6月株式会社消費経済研究所と品質コンサルタント契約開始
平成15年10月熊本県より天草委託養殖場の“とらふぐ養殖認定書”を取得
平成19年6月新社屋・工場 門司区白野江に完成 本社として稼動
平成19年9月(社)大日本水産会より水産食品加工施設HACCP認定制度をフグ業界で初めて認定取得
「ふぐ刺身」
平成21年7月北九州市立大学国際環境工学部と「とらふぐコラーゲン」を共同研究
平成22年5月ふく料理創作店 「食楽庵ふる川」 西小倉駅前店を開業
平成22年9月HACCP認定取得「ふぐちり」
平成24年10月東京銀座に直営店「銀座ふく太郎」を開店
平成25年7月北九州より食品業初のオンリーワン企業特別賞を受賞
平成25年12月JETOROより輸出有望案件企業に認定
平成26年6月シンガポールへフグ加工品の輸出スタート
平成26年11月第6回フードアクションニッポンアワード2014の商品部門で『水産加工品として取扱う国産フグのトレサビリティ』が入賞
平成27年5月[慶祝鶴]の商標登録を取得
平成27年11月全水加工連品評会にて“とらふく刺身 慶祝鶴®”が大日本水会会長賞受賞
平成27年11月[ふぐべっぴん]の商標登録を取得。
平成28年5月中小機構よりマレーシアに向けた海外ビジネス戦略推進支援事業に採択
平成28年6月活魚槽を備えた、ふくみがき工場を本社に増設
平成28年6月日本初のHACCP認定取得「HACCPフグMIGAKI」
平成28年8月国際ふぐ協会を設立
平成29年9月マレーシアへフグ加工品の輸出スタート
平成29年11月全水加工連品評会にて“塩とカボスで楽しむとらふく刺身古式引き®”が 全国水産加工業協同組合連合会会長賞受賞
平成30年7月福岡県ものづくり中小企業新商品開発支援事業に採択され、下関水産大学と連携し、 高鮮度な熟成とらふぐの開発をスタート

店舗紹介

ふく太郎のアンテナショップとして、北九州本社工場より毎日直送される自慢のふく料理を東京銀座でも、リーズナブルにご提供いたします。 ご家庭で味わうふく太郎の味に、プロの腕が加わった数々のふく料理をご堪能ください。

店内は、ゆったりくつろげる和モダンの洗練空間。宴に華を添えるお皿は、 有田焼・波佐見焼・赤津焼きのオリジナル。贅沢なひとときをお過ごしいただけるようスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

所在地東京都中央区銀座5丁目5-8-B1F
TEL03-6228-5729

1年中ふくと旬の食材を融合させたここでしか味わえないふぐの創作料理店。 一品一品に心を込めて、見て綺麗、食べて美味、豊富なメニューとおもてなしで皆様をお迎えいたします。

所在地福岡県北九州市小倉北区室町2丁目10-16
TEL093-592-2951

ページのトップへ